感性を生かし、新たなビジネスチャンスを自分で創る

外食部(外食金沢営業所)
村本 敬介 むらもと けいすけ
2015年入社
京都産業大学卒

営業のお仕事(外食部)

本物志向へのこだわりや個食の増加など、多様化・多業態化する外食産業を対象に、提案を行います。年に数度、各地で外食産業専門の商談会を開催するなど、積極的に情報を発信しています。

お得意先様とメーカーの橋渡し役として

就活がはじまったころは、自分が何に向いているのかわかりませんでした。大学のアドバイスもあって自己分析してみると、自分が喜びを感じるのは家族や友人と楽しく食事をしている時間であること、地元愛が強いこと、人と接するのが好きなことなどがわかり、徐々に就職における方向性が見えてきて、最終的にカナカンへの入社につながりました。大学時代を県外で過ごしたことで、食文化のレベルの高さや自分が生まれ育ったふるさとの人情味あふれる風土など、地元のよさを再確認できたことも、Uターンを後押ししました。
現在は、飲食店やホテルを主な顧客として食材、飲料をお届けしています。カナカンの営業は、単にモノをお届けするだけではないところに面白さがあります。お得意先様からの要望は「何か店の売上げにつながる食品はないか」「来店するお客さんに喜んでもらえる商品はないか」というように漠然としたケースがほとんどです。それを自分の中で噛み砕き、トレンドも意識しつつ多くのアイテムの中から最適なものを選び、販促手段まで提案する ― 必要なら異なるメーカーの商品を組み合わせて提案することもあり、それが可能なのはカナカンが卸である強みだと実感しています。
自分の知識や感性、カナカンが持つネットワークをフル稼働してお得意先様に提案を行い、その結果が数字という形になって表れるところに営業の醍醐味を感じますし、毎日が変化に満ちている点も性に合っていると思います。

好奇心を持って仕事に取り組むことが大切

カナカンではお得意先様への接し方、商品情報など、営業としての基礎は先輩がしっかり教えてくれます。あとは、常に好奇心を持って仕事に取り組み、どれだけ自分らしさを加えていくかが大切だと思います。
カナカンには失敗を恐れず挑戦できる企業風土がありますし、壁にぶち当たることがあってもチームで互いに助け合ったり、上司や先輩のフォローも得られるので、自分の力を存分に発揮できます。私自身も、好奇心をもって仕事に取り組み、これまで以上にまわりの方々から信頼され、頼られる人材になることを目標に、毎日を過ごしたいと思っています。