自分らしい提案を発信していきたい

福井支店(菓子福井営業所)
柿谷 知佳 かきたに ちか
2015年入社
金沢大学卒

営業のお仕事(菓子)

スーパーやコンビニ、飲食店から病院の売店まで、さまざまな分野のお得意先様にマッチする「食」を提案。日々新商品が発売される業界だけに、新しい知識を身に付けることが求められます。地元密着型ですが、本社が関西や東海地区にある企業の場合は、そちらもカバーするケースもあります。

メーカー志望からの転換

金沢の大学を卒業後にUターンし、現在は営業職として働いています。大学では生物学を専攻していたため、当初は食品メーカーへの就職を希望していましたが、カナカンが食品を扱う地元密着型の企業であることを知り、入社を希望するように。一つのメーカーの商品だけでなくいろいろなカテゴリーの「食」にたずさわれることも魅力でした。
営業としてメーカーからの新商品や特売情報を伝えることはもちろんですが、逆にお得意先様の声をメーカーに伝える機会も多く、両者の架け橋としての役目を果たしています。お得意先様からは売り場の構成をまかせていただくことも増え、そんなときは期待にこたえようと力が入りますね。

女性ならではの視点を活かした提案をしたい

商談会でも積極的に商品をPR

カナカンの営業は食品を扱うという点で女性が力を発揮できる場面がたくさんあります。たとえば若い女性をターゲットにした商品なら自分でかわいらしいディスプレイをしたり、 店頭に置くポップをつくってみることも。そんな活動が実際に売上のアップという結果につながり、お得意先様から感謝の声をいただいた時は達成感ややりがいを感じます。
今はまだメーカーからの情報や他の売り場を参考にすることも多いのですが、いつかは他の方が参考にしてくれるような売り場をつくることが目標です。そのためには日頃からプレゼン能力を磨いたり何が流行っているかをリサーチするなどの努力を重ねています。 仕事は初めての経験も多く戸惑うこともありますが、社内の人間関係も良好で公私ともに相談できる女性営業の先輩もいるので心強いです。
今は毎日が充実していますし、就職前に目指していたメーカーではなく、いろいろな商品や人との出会いがあるカナカンに就職してほんとうによかったと思っています。